top of page
検索
  • chibamai

キレやすい人が増えた世の中に「愛の周波数・528Hz」を!

更新日:1月11日


携帯電話のコールセンターに勤める人が言っていました。「ひどいお客が多くてスタッフは皆疲弊している。一生懸命説明しても分かってもらえず逆キレする。別会社のサポートセンターの人も、客質が落ちた、と嘆いている」


世の中に忍耐力のない人が増えたのでしょうか。それだけでなく、日本のみならず地球全体の波動が下がって悪いエネルギーが遍満しているのだと思います。

ちょうど数日前、ロバート・ヤング博士が効果のある波動ヒーリング@528ヘルツをアップしていました。


解説部分には

ーーー

528Hzは古代からある周波ミュージック(frequency music)。体全体を再生し、浄化、良い変化を起こし、愛を呼ぶ。ハート・チャクラを開けてくれる。これはソルフェジオ周波といい、人工的なネガティブ周波ー2.4ギガヘルツの4Gや、8.4ギガヘルツの5%ーをブロックする。


528Hzは正常な細胞組織を保ち、細胞膜を強くしてネガティブ周波から守ってくれる。

この音楽を聴くと、気持ちがおだやかになりリラックスでき、「愛」というものがあなたの本質の根源にあることが分かる。人生のあらゆる面でポジティブな影響を与えてくれる。

研究でも、528Hzで不安な気持ちを解消し、内分泌器官や自律神経へのストレスを軽減することが分かっている。ハッピーホルモンとして知られる「オキシトシン oxytocin」を増加するので、528は 愛の周波 love frequency と呼ばれる。 ーーー

Youtubeにはありとあらゆるヒーリング周波ミュージックがありますが、いくつか拾ってみました。


頭痛には


肩こりには


腰痛には


膝の痛みには


今年4月から7月にかけて、当方の住むマンションで大規模修繕工事がありました。音やシンナーの匂いが発生するので、かなりストレスです。一番心配だったのはペットのボタンインコ、非常に音に敏感です。外出する時はペットのためにこの音楽↓をガンガンかけて、工事音に対抗しました。人間にもストレス解消効果大ありです!


こういうのは波動医学の範疇に入るはずですので、調べてみました。音と光が密接に関係していることが分かりました。

ちょっとテクニカルですが、訳しますと

----

物理学であまり話題にされないが医学に重要な側面からすると、単一の周波数でも複数の音楽的周波でも、全ての音は遠赤外線を発生する。音の粒子がぶつかる非弾性衝突の原子物理現象のためだ。遠赤外線が関係するため、音の強度は光と同じ放射強度で表現される。そして遠赤外線は音によって増幅変調されると、人間の体の表面から4センチ内部に遠赤外線情報が届く。体内の細胞間コミュニケーションは、主に遠赤外線スペクトルで行われるため、音で変調した遠赤外線の光が細胞に伝達される

An important yet little discussed aspect of physics, with significant implications for medical science, is that all sounds, whether single frequencies or a complex array of musical frequencies, create far infrared light (FIR), due to the atomic physics of inelastic sonic collisions. The infrared light created by sound and music is why sound intensity is measured in watts per metre squared 5 and such light is modulated in amplitude by the sound, thus, carrying the FIR component of the sonic energy-information almost 4cm into the body's tissues.6 As intercellular communication occurs mainly in the far infrared spectrum, the physics of sound-light interactions infers that sonic-modulated light is conveyed to cells in the medium of their own 'language'.2

ーーー

健康な細胞同士のコミュニケーションを助ける遠赤外線を、周波数が体内に運んでくれるという意味だと思います。ちょっと驚きました。


また、脳の手術を受けている少年に音楽を聞かせたら、麻酔下でも脳が反応し、術後の回復が早かったそうです↓


殺伐とした朝夕の通勤ラッシュの駅やイライラする職場で、ヒーリングミュージックを流してみたらどうでしょうか。


0件のコメント
bottom of page