検索
  • chibamai

ビル・ゲイツが新たな毒ワクチン開発、バイデン大統領は別人の可能性、政治家や閣僚はマインドコントロールされているのか。

更新日:3月9日


自己拡散するワクチンを開発中。


泣く子もいやがる人口削減者ビル・ゲゲッゲイツが新手のワクチンを開発させているそうです。


https://newspunch.com/bill-gates-linked-lab-developing-vaccine-that-spreads-like-a-virus-to-vaccinate-anti-vaxxers/


ゲイツのカネは医薬業界のあちこちにばらまかれていますが、米国立衛生研究所も例外ではありません。両者が開発に乗り出しているのは、ネズミからヒトに移るウイルスを防ぐワクチンらしく、注射の必要が無いうえにウイルスのように自己拡散するようです。


A team of Bill-Gates linked research scientists have announced they are developing a needle-less vaccine that spreads itself like a virus, meaning people will “catch” the vaccine like they would a cold or flu, without the need for needles and injections.

The research is being subsidised by high-profile funding organisations, including the U.S. National Institutes of Health (NIH), which has longstanding financial ties to the Bill & Melinda Gates Foundation.


An international team of researchers are working on an experimental self-spreading vaccine that could stop the virus leaping from rats to humans — a phenomenon scientists call zoonotic spillover.


つまり近い将来、今度はコウモリでなくネズミが発生源とされる人工ウイルスが拡散され、そのためのワクチンとして多数の人に接種する必要がない、自己拡散型のものが開発されようとしていることでしょうか。

中国が培養している出血熱のウイルスには、ネズミが発生源のものがあるそうですから、

https://www.chibamai.com/post/続報、北京オリンピックで出血熱ウイルスが拡散されている可能性について。

全くあり得ないとは言い切れません。

このような自己拡散ワクチンは注射型のものより副作用が少ないようですが、それでも殺傷能力はあると記事は引用しています。


Self-spreading vaccines are less lethal but not non-lethal: they can still kill.


実際にコロナ禍でも、ワクチン・シェディングが問題となりましたから、ワクチンがヒトからヒトに移ることは可能です。

そして自己拡散ワクチンは新しい生物兵器という位置づけになるようです。


Such a self-spreading weapon may prove uncontrollable and irreversible,” warns Dr. Filippa Lentzos, a senior lecturer in science and international security at King's College London.


ウクライナ/ロシア報道でマスゴミはワクチン問題から社会の目を反らそうとしています。

当ブログではこれからも支配勢力の人口削減工作に目を光らせていきます。


さて、ポッドキャストでこういう話を聞きました。

「バイデンは昔と今とでは別人のようだ。昔はもっと背が低かったのに。影武者がもっとマシなの見つからなかったのだろうか。」


昔と今のバイデンを画像検索しました。


似ているような、似ていないような....

耳の形で個人を識別できるのは事実。これは別人か。

影武者は古今東西使われてきました。しかし別人が完全にすり替わるとなると、話は別です。昔のバイデンは一体どこに行ったのでしょうか。もうあの世にいるのでしょうか。


それに関連してヒトのクローンの話です。

1996年に、世界初のクローン羊が生まれたニュースを覚えておられる方もいると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ドリー_(羊)


ところが、こういうニュースが出てくる時点で、実はとっくにヒトのクローンも完成しているらしいのです。特にアメリカの歴代大統領はクローンを使うことがあるそうです。

ヒトのクローンを作製するのには1年かかり、寿命が短いそうです。魂がなく、人生経験もないので、大統領の代わりに使うには誰かがつきっきりで指導しなくてはなりません。たいてい夫人がその役を担うそうです。

またヒトクローンは兵士として使われるようです。


さらに話が転換しますが、こういう映画がありました。


2004年、「クライシス・オブ・アメリカ」

原題は Manchurian Candidate (満州の候補)で、1962年にもフランク・シナトラ主演の同名映画があります。


日本語タイトルは「影なき狙撃者」

これら映画のベースは1959年の小説「Manchurian Candidate」です。内容は、有力な政治家の家系に生まれた男が洗脳されて暗殺者となる話です。作者は米海兵隊にいた人ですから

かなり真実性を含んだ小説という扱いになっています。

2004年の映画は少しあらすじが変わり、洗脳された男がやがて米国副大統領候補になり、メリル・ストリープ演じる男の母親が彼を操縦するというものです。


世界の大統領や首相は、程度の差こそあれ、洗脳(Brain-washed, mind-controlled)されているという主張は少なからずあります。

  1. ビル・クリントンのハンドラー(洗脳担当者)はヒラリー

  2. フランス・マクロン大統領のハンドラーは24歳年上のブリジット夫人

  3. 前英首相のトニー・ブレアのハンドラーはシェリー夫人

1 に関しては、以前Youtubeで浮上した動画があります。これから会見する予定の、カメラに向きあうビルの顔をメイキャップの人が白粉をはたいているのですが、ビルの顔は完全に魂の抜け殻のような無表情のロボットでした。もうその動画はありませんが、ナントも不気味でした。


妻や母の尻に引かれるのは、どの国でも同じです。

政治家が偉そうにしていても、裏で糸を引いているのは女性かもしれませんね。



2件のコメント