top of page
検索
  • chibamai

元国連エリート「少数支配層はペドフィリア」:トランプを刑務所で死なせたい連中:米、あの薬害を水際で止めた女性:Fake オリーブオイルの危険性。

更新日:2023年6月23日


Oligarch(オリガーク)という言葉はロシアの財閥を指しているとネットにありますが、本来は欧米の、ロスチャイルドやロックフェラー、ビル・ゲイツやソロスなどの少数富豪層による支配、を意味しています。

国連関連の研究所所長だった人が、インタビューで「このオリガーク」と言っていますが、この場合は国連の支配層を指しています。ロックフェラー系だと思います。


  • このオリガークは皆、ペドフィリアのシステムに関与している。毎年、800万人の子供が世界で行方不明になっている。800万人といえばオーストリアの全人口だ。

  • これもトランスヒューマニズムの一環であり、止めなければいけない犯罪だ。

  • (インタビュアー)国連は水も大気も、カネを取ろうとしている。国連を信じてはいけない。

ペドフィリアが何故トランスヒューマニズムの一環なのか、ミステリアスです。

いずれにしても、世界にはびこる、子供を含めた人身売買は臓器が目的であるという指摘があります。臓器を製薬業界の実験や、人間クローンの作成に使っているという話です。


国連は戦争や災害地域で国連軍を派遣しますが、その軍隊自身がありとあらゆる悪事を行っていますから、正義の女神でもなんでもありません。


トランプ起訴はでっちあげ、支配勢力は大統領当選防止に血眼



スパイ防止違反で起訴されたトランプですが、完全なでっちあげのようです。トランプ邸で見つかった段ボール書類の多くは、情報公開されているものばかりで何も不当性は見当たらないということです。バイデン大統領が収賄で弾劾されようとしている矢先の起訴です。

記事を要約します。

  • トランプは段ボール書類のでっちあげ疑惑で、7件の罪状に問われようとしている。

  • 国防機密情報所有ー最長10年の刑

  • 司法妨害ー最長20年の刑

  • 書類提出拒否ー最長20年の刑

  • 書類・記録隠蔽ー最長20年の刑

  • 連歩政府捜査下の書類隠蔽ー最長20年の刑

  • 偽証罪ー最長5年の刑

  • 合計約100年の刑になる。トランプは「彼らは私ではなく、国民を狙っているのだ」と言った。

トランプ起訴は国民への見せしめということでしょうか。

しかしナポリターノ判事によりますと、理論的には有罪になっても大統領当選は可能であり、しかも刑務所から執務を行うことも可能だそうです!


サリドマイド禍で、米での被害を食い止めた女性がいた


当方は、今この本を読み進めています↓


千島学説で有名な著者ですが、世界で最初に「血液は骨髄でなく小腸で作られる」という主張を発表しました。多くの画像を使って説明されています。

基本的に、赤血球は内臓や筋肉、骨にも変化するものであり、食べ物が一番大事であること、気血動(体を動かすこと)、肉や魚は最小限にして、菜食・小食でよく噛むことが大切だそうです。筋骨のためにプロテインを摂ったりカルシウム剤を無理して飲む必要のないことが分かりました。同じことは「PH miracle」のロバート・ヤング博士も主張しています。


本でサリドマイド禍のことが書いてありました。1961年~63年ごろに、妊婦がつわりを軽くするために飲んだドイツ製の薬のせいで、世界で約6000人の手足が無かったり短い赤ちゃんが生まれました。日本では915名だそうです。


上の本の123ページから引用します。

ーーーーー

ともかく、サリドマイド児問題はその後訴訟問題となり、1965年大日本製薬を相手取りサリドマイド禍の28家族が6億3000万円の損害賠償と慰謝料要求の訴訟を起こした。(中略)ようやく近年(注1974年10月)になって和解が成立した。

これは独り製薬会社の責任だけではない。このような奇形児を発生させる薬品の販売を許可した政府(厚生省、現厚労省)にも重大な責任がある。化学的薬品、殊に麻酔性の薬品は神経の敏感な胎児にとって予想外の障害を及ばすことは薬理学の知識がほんの僅かでもあったらすぐ解ることである。

現にアメリカでは食糧薬剤局(FDA、食品医薬品局のこと)の女性薬剤官、ケルシー婦人はサリドマイド系睡眠薬の発売を申請した製薬会社に対し、敢然立って「これは妊婦に危険がある」として断固発売を禁止した。そのためアメリカで1人のサリドマイド児も生まれなかった。日本の厚生省にも1人のケルシー婦人がいたなら、1000人近いサリドマイド児が生まれずに済んだことであろう。

ーーーーー

ケルシー婦人を調べたら出てきました。

サリドマイドを防止したとして表彰されたようです。元々はカナダ人で、2015年に101歳で亡くなっています。

ケネディ大統領からメダルを受け取るケルシーさん↓


今の米FDAにも日本の厚労省にも、ケルシー婦人のような人がどんなに望まれることでしょうか。製薬ワクチンマフィアは完全に政府や官公庁を買収しています。


これからもどんどんワクチンは出てきます。支配勢力はありとあらゆる病気を作り出し、mRNAを使ったワクチンを使って人口削減・奴隷化という、おなじみの自作自演を繰り返すと予想するに難くありません。


オリーブオイルの大半はフェイクである


オリーブオイルが健康に良いことは実証されていますが、あまりにも市場が巨大化したため、コストを安くあげる目的でフェイクが氾濫しているそうです。スーパーにずらっと並ぶ

エキストラ・バージンは不純物が入っていると指摘されています。


イタリアの専門家によるとフェイク・オリーブオイルには炭化水素の残留物や殺虫剤、オリーブの、PAHという発がん物質のある搾りかすから取ったオイル、などが見つかっている。また1981年には毒性オイル症候群がスペインで起こった。菜種油に添加物を入れてオリーブオイルとして販売、800人が死亡し数千人が傷害を受けた。


安物買いの銭失い。オリーブオイルに限らず、高くても純性の良質な商品を買い、チビチビ使う方が体にとって良いのではないでしょうか。











0件のコメント

Kommentare


bottom of page