top of page
検索
  • chibamai

米は台湾を支持するはずでは?:LGBTQの背景に水道水:遺伝子を変えるmRNAテクノロジーが身の回りに。

更新日:2023年7月1日



中国訪問中にブリンケン米国務長官が言った一言が波紋を呼んでいます。


「(米は)台湾独立を支持しない」

これで独立系メディアは、すわ戦争か、と騒ぎましたが、一応ブリンケンは予防線を張って

こうも言っています。


台湾については、米が長期にわたって支持している「一つの中国」政策を(中国との会議で)強調した。この政策は変わっておらず、台湾関係法(1979年)や3回の共同声明と6回の保証で成り立っている。我々は台湾独立を支持しない。中国或いは台湾による一方的な現状変更に反対する。国家間の違いを平和的に解決することを望む。

一方、他の報道では今にも米中衝突か、という話もあります。いずれにしてもグローバリストはあちこちで戦争を起こして世界をリセットさせたいのは確かです。


水道水に混入している殺虫剤が「性別違和」を起こしている?


Gender Dysphoria という言葉がありますが、自分の性に違和感を持つことを意味するのでほとんど「性同一性障害」と同じだと思います。米ではLGBTQの社会工学が目に余るひどさですが、特にカリフォルニア州では子供の性転換手術に同意しない親は親権を失ったり、迫害の憂き目に合う状況です。

しかしこの性別違和、水道水に入っているアトラジンという殺虫剤が原因ではないかという報道があります。

↑この記事ではアトラジンが河川に混入すると、棲息しているカエルのオスがメスに転換してしまう、と生物学者が指摘しています。


Gay Frogs現象をいち早く取り上げたのは、独立系ジャーナリストのアレックス・ジョーンズ

しかし水道水添加物は以前から計画・実行されてきたことで、特にオバマ時代に大統領アドバイザーだったジョン・ホルドレン博士の著書「Echoscience」が有名です。

人口抑制・削減に導くためには、大衆の強制中絶や不妊化を行わなければいけない、としています。↓



精子を攻撃するペットボトル(BPA)の成分や、電子レンジで化学物質を放出し生殖器に害をもたらすプラスチック容器、これらも大衆不妊化が目的と言えます。

1950年代からこういうことが計算づくで行われてきた、ということです。もちろん、直近のコロナワクチンは生殖器のみならず心臓、脳にもダメージが起こるようになっています。


人口削減するだけが目的なのか?


今朝のメールに入っていた、評価の高い自然医療系サイト・Greenmedinfo.comのSayer Ji

のコメントを紹介します。もはや、遺伝子を変えてしまうmRNAはワクチンだけでなく食品にも入っていることは既に指摘されています。


彼ら(支配勢力)は生物圏 Biosphereを変えるだけでなく、我々の同意なしに食品に入ったmRNAを食べさせている。彼らは我々の細胞の構造や機能を改変している。しかも、私の

結論では、人類の定義そのものも変えようとしているのだ。

ところで一昨年の12月にこういう記事をアップしました↓

ーーー

UFO界で有名なロジャー・リア医師は、1990年代から多くの人の不明な体内インプラントを取り出しました。

同氏の言葉をまとめると、これらインプラントは

  • 宇宙深部(ディープ・スペース)の周波数を発している。...emitted deep space frequency radio waves

  • 不思議な磁石特性をもっている。...had strange magnetic properties

  • 奇妙なクリスタル構造を有している ... contained odd crystalline structures


リア氏はUFO学の世界で一躍ヒーローになる一方、案の定マスゴミから叩かれ、迫害を受けます。自身や家族の命の安全を脅かされたこともあるそうです。2014年に80歳前で亡くなっていますが、一応心臓発作ということになっています。 もうYoutubeで見つからないインタビューで、氏はこのように言っていました。 「これらのインプラントは体内の状況を周波にのせて、外部の誰かに向けて発信しているのは間違いない。遺伝子に関する発信だと思う。」

「彼らは人類を(遺伝子から)変えようとしている。They are trying to alter humankind」

ーーー


もうインプラントは必要ないのです。ワクチンや食品に入ったヒドロゲルや酸化グラフェンがその役割を果たしています。


人類はロボットに進化するのかもしれません。







0件のコメント
bottom of page