検索
  • chibamai

肉は3Dプリントして食べる?:女性の方がワクチン被害多し、化粧品にも要注意:クイズです・その1



The NWO To Force 3D-Printed Steak On The Public (infowars.com)


地球の支配勢力は、人類に食肉を辞めさせようとしています。家畜が二酸化炭素や窒素を排出するから、という意味のない理由の元で、人類に贅沢を止めさせ奴隷化に導くためです。

米では肉牛が大量死亡(屠殺でなく)したり、オランダで牛の飼育そのものを禁じたりしています。

そんな中、牛肉の肉汁したたるステーキを3Dプリントする試みが始まっています。


材料として、大豆、豆プロテイン、ひよこ豆、ビーツ(血の色)、栄養酵母、ヤシの実繊維などを使っているそうです。


↓完成した肉の塊、フェイクビーフ。

一応熟成させるのでしょうか↓


味、香り、歯ごたえなど、肉そっくりだそうです。霜降りの度合いもコンピューターで指定できます。フェイクだとは食べても気が付かないくらいなのでしょうか。


しかし人類にフェイクを押し付ける一方、支配勢力はコーベビーフなど本物の肉に

舌鼓を打つことでしょう。エリートの特権というわけです。映画「ハンガーゲーム」そのものです。↓





ワクチン被害は女性の方が多かっ


Study: Women are more likely to suffer from COVID-19 vaccine injuries than men – NaturalNews.com


ワクチン副作用の心筋炎は若い男性に多く、その他の被害も男性の方が多いという印象がありましたが、実は女性の方が多いという報道です。

  • 米で2021年10月から、接種した508人を調べたところ、副作用による傷害を報告した81%が30歳~50歳の女性だった。

  • VAER(公式に副作用を報告するシステム)では、副作用を訴えた全体の65%が女性だった。

  • 最も多い訴えは生理不順。一日生理が増えたという訴えもある。また、FDAによる報告でさえ、接種した妊婦の18%が流産した。

  • 別の研究では、成人女性に心筋炎、心膜炎、血栓症のリスクが高くなった。

  • 数々の副作用リスクがあることから、妊婦向けワクチンは見送る国が増え、ファイザーも妊婦用ワクチンの治験を中止した。

女性の卵巣や子宮に多くの傷害が報告されていますが、もちろん狙いは人口抑制・削減です。

女性と言えば、化粧品の危険も存在します。

https://www.ewg.org/the-toxic-twelve-chemicals-and-contaminants-in-cosmetics アメリカのレポートでは、化粧品に含まれる化学成分のうち少なくとも12種類が毒であるといいます。 ホルムアルデヒド  発ガン性あり パラホルムアルデヒド 同 メタンジオール    同 クオタニウム15   同 水銀        腎臓や神経系統に毒 フタル酸ジブチル、フタル酸ジエチルヘキシル  女性ホルモンや婦人科系臓器に毒 パラベン       同 PFAS      発ガン性あり M-,O-フェニレンジアミン  DNAに損傷 毎日使う化粧品ですから、少しずつ体内に蓄積します。 美を取るか?健康を取るか?なかなか難しいところです。



初試みですが、ここでクイズです


https://www.naturalnews.com/files/The-Contagious-Mind-Chapter-1.mp3

おなじみマイク・アダムスのオーディオブックで、こういう本を取り上げていました↓


「モーフ共鳴」著者ルパート・シェルドレイク

著者は科学者です。

なかなか内容が興味深いので今回とあと1、2回、この本の内容をクイズ的に紹介していきます。当方は直接本を読んでおらず、マイク・アダムスのオーディオブックから内容を抜粋します。


以前、ある摩訶不思議な事が発見されました。

  • キシリトールという甘味料がある。虫歯になりにくいことで知られている。これは結晶状(クリスタル)のものだ。

  • キシリトールの不思議な歴史が、「応用結晶学誌・第8巻」で説明されている。キシリトールが最初に作られたのは1891年だった。その時点では結晶ではなく、液体状のものだった。

  • ところが1941~42年、突然ある研究室で、キシリトールの液体が自然に結晶を作り始めた。何も手を加えていないのに、だ。この結晶を溶かそうとしたところ、61度で溶けた。

  • さて別のラポで1943年、キシリトールの液体が結晶を作り始めた。今度の結晶はなかなか溶けず、94度でやっと溶けた。

  • それ以降、どこのラボでもキシリトールの結晶は61度では溶けず、94度でしか溶けなくなった。キシリトールの分子配列が変化したのだ。こういうのを結晶多形 (polymorphism)という。分子の内容は同じだが、いきなり何の前触れもなく分子配列が変わったのだ。

  • この事象は、遠く離れたラボでも起こり始めた。

  • キシリトールだけではない。他の糖や製薬会社の抗生物質も、いきなり新しい結晶を作ることがある。そして二度と以前の状態には戻らない。これは世界中で見られる現象なのだ。


キシリトール 結晶

キシリトールについて - 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020 (jda.or.jp)



質問は、何故このような現象が世界中で起こったのか、何故世界中で、ある時点から61度では溶けず94度以上でしか溶けなくなったのか、ということです。

偶然?たまたま?地震があったから?


また別の似たような事象を、来週見ていきます。


0件のコメント