検索
  • chibamai

陰謀論ではないーやはり新型コロナは生物兵器

陰謀論と片付けられないように慎重に書かせて頂きます。


ここ数日、米独立系メディアでは「Gain-of-function research」=機能獲得研究について騒いでいます。


ます「機能獲得実験」の説明が大阪大学大学院生命機能研究科の研究者によって書かれています。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/機能獲得実験


 ある遺伝子の機能を調べる際にその遺伝子の機能や発現量を増強させることで機能を類推する実験手法を機能獲得実験という。


またアメリカの医学サイトでドクターが説明しているところによると

https://www.news-medical.net/health/What-is-Gain-of-Function-Research.aspx


Gain-of-function studies are most usually applied in virology and have revealed many details regarding the biological mechanisms behind virus transmission and replication.

機能獲得研究は、殆どの場合ウイルス学に応用されており、ウイルス感染や複製(感染者の体内でウイルスが複製される)に関して多くの事実を提供してきた。


―――――――――――――――

この機能獲得研究が中国の武漢ウイルス学研究所で、オバマ政権によって秘密裡に2014年から行われてきたということと、その研究の関係者にアンソニー・ファウチ米疾病予防研究所長官がいた、ということが明らかになってきています。ファウチの地位は非常に高く、日本での尾身茂氏の立場に相当します。

さて機能獲得研究は何の機能をウイルスに獲得させるのか、ということが問題です。ウイルスが早いスピードで複製・増殖する機能なのか。それとも感染を少なくさせる機能なのか。

つまり悪い機能なのか、良い機能なのかということですが、良い機能であれば機密研究にする必要はないはずです。


少しずつ真実が明らかにされてきています。勿論、主流マスコミは必死に打ち消そうとしていますが、コロナが陰謀であった可能性は日を増すごとに強くなっています。


少なくとも武漢のサルやコウモリは無罪になりそうです(笑)。


0件のコメント