検索
  • chibamai

食料危機と不況で次なる段階は人類の奴隷化:ウクライナ難民の3割は他国民:愚民化教育の犯人は誰か。




人類の奴隷化を推し進める世界経済フォーラムのクラウス・シュワッブ

やらせのコロナ禍ではロックダウンが世界中で敷かれ、物資や人間の往来が厳しく制限されました。そして現在ウクライナ・ロシア問題で当該国からの穀物や肥料の輸出がストップしています。既に中東の一部では食料をめぐる暴動も起きています。


これら食料不足・物資不足はグローバリスト勢力が計画的に工作していることであるのは確実です。グレート・リセットです。今回だけではありません。戦争や金融危機などの背後で、少なくとも数百年前からエリート勢力が糸を引いてきたのは、多くの書物や証言で確認されています。

現在日本でも円安が進み輸入品価格も上昇していますが、これは長期化すると思われます。

景気が戻らないままインフレだけが進むスタグフレーションが到来したことになります。わざとなのです。


https://www.infowars.com/posts/the-stagflation-trap-will-lead-to-universal-basic-income-food-rationing/


↑この記事では、不況と食料危機のせいで物資配給制がスタートするのでは、と言っています。日本でも戦時中と戦後にあった配給制ですが、今回、それがデジタルシステムとリンクし、一気に監視社会が進むとしています。

スマホを開けると「あなたへの米の配給は、×月×日、×時からです。区役所入り口前にお並びください」というようなメッセージが入るのでしょうか?

そして当方のような、政府やエリート勢力を批判する市民には配給がされなかったりするのでしょうか?(中国の社会信用システムが導入される)

携帯を持たないアナログの方も少なからず高齢者を中心におられます。そういう方はどうすればいいのでしょうか。


また記事では大不況の中でUBI(ユニバーサル・ベーシック・インカム)というばらまきカネが広がるとしています。これは新世界秩序(New World Order)のコンセプトで重要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベーシックインカム


コロナでも雇用調整助成金がありました。助かった、という人も沢山いたと思います。ありがたいことです。

しかし助成金が社会全般に常時定着したらどうなるかというと、UBIを貰えるから働かなくても良い、というモチベーションや意欲を失う社会になります。健康で働けるのに政府のカネで生きていくということは、自主独立できなくなり政府に依存することになるのです(高齢者や障がい者の方々の給付は別です)。スキルも磨くことがなくなり、努力が不必要となり、手に職もつかなくなるのです。まさにそれがUBIの狙いです。人類の家畜化・奴隷化です。


これらのことが杞憂であってほしいと思いますが、地球を支配するエリート勢力はこのようなことを狙っている、という事実は変えられません。マスゴミは勢力の手先ですから、これらの陰謀は一切報道しません。


さて、大騒ぎのウクライナ問題ですが、難民の3割は他国出身者というニュースです。

https://www.infowars.com/posts/30-per-cent-of-ukrainian-refugees-are-actually-from-other-countries/



どさくさに紛れてアフリカや中東の経済難民が。

フランスに到着したウクライナ難民の3割は、以下のような出身国だそうです。


アルジェリア、アイボリーコースト、モロッコ、コンゴ、カメルーン、パキスタン、ナイジェリアそして中国人までも。

彼らは自分からどさくさに紛れて難民として潜入したというより、国連などが公的に難民の地位を与えているようです。

その目的は前回もお伝えしたとおり、新世界秩序における国や国境を無くし、他国民を流入させ、国としての文化やアイデンティティーを消滅させることです。

日本でも戦後から左翼教育が始まり、現在に至っては君が代を知らない若者も増えています。

これらは中韓の影響だけでなく、グローバリストの共産主義思想があります。


↓この人はアメリカの学校教育に共産主義が入り込み、工作員によって制度が変えられていったことを数十年に渡り克明に記録しました。

シャーロット・イザービット氏

https://ja.wikipedia.org/wiki/シャーロット・トムソン・イザービット


それを説明した本を出版し、隠れたベストセラ―になっています。700ページはあります。当方の自費出版本「ETが気づかせてくれた地球の真実」で紹介してあります。↓



アマゾンでは4~6万円するがネットで無料のPDFもある。

題の意味は「アメリカの愚民化教育」というニュアンスです。


日本の戦前教育は愚民化するものではありませんでした。昔の人が書いた文章は若い人の文章でも、それはそれは立派なものでした。昔の人は現代人より教養がありました。これはアメリカでも同じです。

日本ではGHQを通じてグローバリストによって、戦後に愚民化教育が敷かれたのです。


将来のある若者や子供を愚民にならないようにするには、まずテレビを消すこと、ゲームをしないこと(言語能力をわざと低下させるようになっている)、漫画を読まないこと(同)だと思っています。

当たり前のことですが偏差値と教養は関係ありません。学歴と教養も、当方の見てきた限り、必ずしもリンクしないのです。

その証拠に、エリート勢力には高知能高学歴の人材が沢山とりこまれていますが、やっていることは人類にとって破壊的・破滅的で、教養を感じさせるものではないからです。













0件のコメント