top of page
検索
  • chibamai

米発・こんなものまで危険!目薬、ドライクリーニング薬品:社会主義が世界に到来?:トランプ逮捕阻止の援軍現る。



インドで製造されたドライアイ用の目薬にバクテリアが入っており、3人が死亡、8人が失明、4人が眼球切除したもようです。16の州で68人の被害者が出ています。先月リコールされたようです。

商品名は Artificial Tears Lubricant Eye Drops で、メーカーはGlobal Pharma Healthcareです。 


ドライクリーニングに使われる薬品がパーキンソン患者急増の原因ではないかという記事です。↓

薬品名は トリクロロエチレン  trichloroethylene (TCE) で洗浄剤として使われているそうです。日本でドライクリーニングに使用されているかは、分かりません。



身の回りには有害なものが溢れる時代となりました。これも人口削減の一環だと思います。


世界を社会主義経済にしたい2人の有力者


ポーター・スタンスベリー Porter Stansberry という金融専門家の話によると、

アメリカを社会主義経済にしようとしている二人の有力者がいるそうです。よく話題に上るジョージ・ソロスよりもっともっと力があるらしいです。

10兆円の資産を有するブラックロック・グループのCEOラリー・フィンク Larry Fink

NY市長も勤めたブルームバーグ・ニュース社創始者、マイケル・ブルームバーグ

スタンスベリー氏によると、

  • 上の2人は米国経済を社会主義にしようとしている。従来の自由主義的な株式型企業経済から、利害関係者(ステークホールダー)経済に変えようとしている。株主の権利や意見を遠ざけ、外部の勢力が企業を操縦しやすくする。

  • ESG経済をプッシュしているのが上の二人。

ーーー

「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取って作られた言葉です。近年では、この三つの観点から企業を分析して投資する「ESG投資」が注目されています。

ーーー

  • ESGは環境問題を理由に企業を支配しようとしている。

  • このやり口は、社会主義経済に導こうとするものだ。

米国のみならず、世界を社会主義/共産主義で統治しようとしている勢力がいます。

そう、前回もアップしたイルミナティです。



でっちあげ「トランプ逮捕」が法的援軍で阻止されたもよう



著名なハーヴァード法学名誉教授のアラン・ダーショヴィッツ氏のコメントです。

“We've created a special system of justice for Donald Trump.”

「トランプの為に特別な司法制度を作った」

トランプ起訴には、全く法的根拠が欠如していると言っています。


トランプの元弁護士、マイケル・コーエンもトランプが無実となる証拠を提出しました。

以上の理由から、トランプの逮捕は無くなったと見られています。

しかし、何をしてもトランプ再選を阻止したい勢力(民主党=共産主義)と、トランプ支持派との戦いは続きそうです。






0件のコメント

Comments


bottom of page