検索
  • chibamai

英連邦競技大会セレモニーで垣間見る、エリート勢力のサタン崇拝、そして悪霊から身を守るには。

更新日:8月6日


英連邦競技大会、コモンウェルス・ゲームスが先週から開催されています。

そのオープニングセレモニーで登場した巨大な雄牛がこの画像です↓

https://www.youtube.com/watch?v=53PhzNHSOmU&t=26s

ところで、何年か前の米・スーパーボウルのハーフタイムショーでも雄牛が登場しました↓


https://www.youtube.com/watch?v=SWo-Y_ByV3U


こういう見世物に使われる、いわゆるシンボリズムには必ず意味があります。その基盤となるのは、西洋の場合はキリスト教が文明を形作っていると言えますから、聖書となります。

旧約聖書に雄牛が数カ所出てきます。(列王記)

雄牛の意味合いは、「バール神(Baal god)」という異教の神で、キリスト教にとっては一種の異端的シンボルです。時代が下ると共に、やがてこの神はサタン崇拝のシンボルともなりました。

端的に言うと、キリスト教は「善」を目標とする宗教(仏教、イスラム教、ヒンドゥー教も同じ)であるのに対し、悪魔教のサタン教・サタニズム(Satanism:Satan=悪魔)は破壊、死、暴力、権力、支配、といったものを目指します。サタニズムの有名なシンボルとして、「666」や 「ルシファー」が知られています。

イルミナティなど世界のエリート層の多くにはサタン崇拝者がおり、人や動物を使った生贄の儀式を行っているという沢山の告発がなされてきました。


去年の8月5日に、イルミナティの儀式について書きました。現在も有効ですので、手を入れて再度ご紹介します。


ーーーーーーーーー

現在のコロナ禍の背後にいる国連を中心とするイルミナティは、1776年にドイツ・バヴァリアでイエズス会神父で神学者のアダム・ヴァイスハウプトによって結成された。しかし研究者によっては、同組織はもっと古代の紀元前1900年あたりに生まれた、バビロニア文明に遡るという。エリート勢力の秘密儀式を垣間見ていく。


米カリフォルニア州にあるボヘミアン・グローブというカリフォルニアの森では、120年以上にわたり毎年夏に数百人の政治家や権力者、エリートが集まり、数日間パーティーをして交流する。ヘンリー・キッシンジャーは常連であるそうだ。


↑写真の赤丸向かって左はレーガン大統領、その右の赤丸は後のニクソン大統領が、ボヘミアン・グローブで会食している。


↑壇上の人が誰かは不明だが、男性ばかり数百人が川沿いに集まっている。この人たちは皆エリートだ。逆に言えば、エリートしか招待されない。


↑さて日が沈むと、いよいよお待ちかねの儀式が始まる。巨大な石で彫られたのはフクロウにも見える、古代神・モロク(Moloch)で、その前に祭司に扮した人たちが儀式をする。実はこれは生贄の儀式だが、人形で生贄を代用している。古代は本当に人を生贄として捧げ、人身御供(ひとみごくう)を行っていた。

この儀式はCremation of Care と言い、生贄を燃やす儀式である。


↑古代神モロクの像。子供の生贄を好んだとされる。


さてこのボヘミアン・グローブに勇敢にも潜入してビデオを撮ったのが、独立系ジャーナリストとして有名なアレックス・ジョーンズだ。2000年に潜入取材したが、その後完全にセキュリティが厳格になり、二度と外部者は入れなくなった。そのビデオがYoutubeにまだ存在する。


https://www.youtube.com/watch?v=FpKdSvwYsrE&t=1185s


ビデオ自体は1時間31分、儀式の場面は、1:01:08から始まる。貴重な、歴史の証言!

また、女人禁制のこの数日間のキャンプはゲイの楽園だそうだ。

余談だが、ここに参加経験のある日本人として、堀江貴文氏が噂されている。ゲイではないはずだが・・・・。


↑これは風刺画だが、世界の著名人が生贄の儀式に参加している。イギリスのブレア首相、アメリカのブッシュ、オバマ、FRB元議長グリーンスパン、ビル・クリントン、ロックフェラーなどが見える。世界のエリートは悪魔教(Satanism)を信奉している、という噂が以前からある。


↑ヤギの頭をしたバフォメット(Baphomet)神。古代の中近東が発祥と言われる。フリーメーソンの前身・テンプル騎士団が崇拝していた、悪魔神だ。(ちなみにフリーメーソンの母体はストーンメーソンではない)


↑マドンナのステージにバフォメット登場。この人もいろいろオドロオドロしいことに噂がある。


↑ビヨンセとバフォメット。



↑これは1999年の映画「アイズ・ワイド・シャット」、監督は故スタンリー・キューブリックだ。不気味な儀式の場面である。


CERN(欧州原子核研究機構)も悪魔的儀式で知られる。これは外の敷地でスタッフか誰かが儀式を行っているのが目撃された。上とそっくりである↓


https://www.youtube.com/watch?v=nZofciM24d4&t=10s



映画「アイズ・ワイドシャット」は、実はエリート層の闇を描いていると言われる。主人公のトム・クルーズが極秘にエリートが集まって行う儀式に紛れ込み、繰り広げられる内容を目撃する。

キューブリック監督はこの映画の完成前後、睡眠中に70歳で亡くなっているが、以下のような説がある。


映画には、15分間の人身御供の場面があった。それを削除するようキューブリックは要請されたが、拒否し続けた為、殺された。その後、映画から問題の場面が消えた。


現在行われているワクチン接種を中心とした人体実験と人口削減や、生物兵器開発、グレートリセット。

これらは人身御供と関係があるのだろうか。


ーーーーーー


恐ろしいことです。


さらに、よく言われていることですが、「666」のマークがあちこちのロゴに使われています。


グーグル↓

CERN↓

ディズニー↓

Naturalnews.comのマイク・アダムスがデビッド・ウィルコック(UFO研究者)と話したところによると、こういう儀式の目的は、


悪魔・悪霊を4次元から3次元に招へいすること


だそうです。


現在日本でも、職場や学校でのいじめが増え、家庭内暴力や社会での暴言暴力が増えました。

精神科外来は満杯だと聞きます。海外でも同じです。

これらは悪のエネルギーが人々に取りついている現象だと言えます。憑依とまで行かなくても、悪霊が人に乗っかってしまっているのです。

いきなり怒鳴り出す人、周りに迷惑をかけまくる人、度を越したパワハラモラハラセクハラ、何かの中毒、ゴミ屋敷に住む人・・・これらは悪霊に取りつかれている可能性が高いのです。悪のエネルギーが世の中に増えてしまっているからです。

これに対抗するにはどうしたらいいのか。


とにかく一人ひとりが自分の波動を上げるように努力することではないでしょうか。

身の回りを綺麗にして整理整頓する、自分を含め環境を清潔に保つ、添加物まみれの食品を食べない、ゲームやネット中毒にならない、世の中のブームに引っかからない、芸術など美しきものに触れる努力をする、良き本を読む、自然に触れる機会を増やす。


そして除霊や浄霊も有効です。

ネットで「遠隔浄霊」と検索すると、何とかの扉というサイトが出てきます。料金は少し上がりましたが良心的だと思いますし、かなり有効です。


お盆の時期は先祖の霊が戻ってきますから、この世が霊的存在に満ちていることも確認する、良い時期ではないでしょうか。


0件のコメント