top of page
検索
  • chibamai

不明マレーシア機のテレポ説は確定!驚愕のテクノロジーが存在する!専門家がテレポ原理を解説(珍文漢文ですが)



去年の11月から、2014年に行方不明になったマレーシア航空370便がテレポーテーションされた可能性を報告してきました。


飛行機の運命についてはいくつかの説が言われてきたことをまとめました↓

とくにこの記事を読んでいただければ論点がわかるかと思います↓

テレポの技術はロッキードマーティン社が特許を取得している↓


最後の記事を確認していきます。

ーーー

MH370失踪に使われたと思われるテレポ技術は特許を取得している!!


MH370のテレポ(瞬間長距離移動)説はどんどん有力になっています。主張者のフォーブスさんとチームには、沢山の反論や潰し(debunking)が降りかかりましたが、逆にフォーブスチームの物理学や工学の専門家に潰し返されています。

↑26分くらいからフォーブスさんが言っていますが、テレポ技術の土台となる、超伝導を可能にする特許があるそうです。2013年にロッキード・マーティン社が取得したそうです。

ちらっと見ましたが当方にはチンプンカンプンです↓

これによって、物質がゼロ重力になり、光速より早い超光速が可能になるそうです。


さらにフォーブスさんによると、MH370の乗客乗員はテレポされて、インド洋に浮かぶ米軍基地ディエゴ・ガルシアに連れていかれたのでは、ということです。

ーーー


↑アシュトンさんの最新の動画では、テレポの原理をイギリス人の専門家が細かく説明しています。全くちんぷんかんぷんですが、ポイントを何とかかんとか掴みました。皆さんも時間があれば動画を見てください。専門家デビッド・グリーニア(?)氏の説明は10分くらいから始まります。



  • オーブをよく見ると、最後の瞬間に減速して、飛行機の周りに近づきオーブが交わりながら機を取り囲む。これはさらにオーブがエネルギーを取り入れている状態。(これで時空間を越えてテレポする?)


動画から、専門家デビッドさんのクリップです。右下はアシュトンさんです↓


オーブがぐるぐる機の周りを飛びながら、エネルギーを取り入れている↓

extracting energy from the environment



このようなトロイドで、エプシロンをチェンジして時空間をブレークスルーする(?)↓ Changing Epsilon 0 is breaking through the fabric of space-time


fractal troid トロイダルモーメント - Wikipedia  がビームを発すると↓



マジックが可能となる(テレポのこと?)↓


non-radiating boundary とは、電磁場に関する用語かもしれないです↓


オーブの中はトロイド構造になっている↓


トロイド構造の説明↓


オーブを拡大するとトロイド構造が見える(らしいです)↓


こういうのは査読済み科学 peer-reviewed science であり、証明されている。

飛行機の下のトロイド(オーブ)は、左の方向に移動しながら coherent energyを作り出している。見えにくいが、オーブの左側に黒いエネルギーが生まれている↓

space-time の真空からエネルギーを吸いこんでいる、とも言い換えられる。


こういうことをできるのはblack world=軍産複合体やBreakaway civilization (一般世間から突出した科学技術をもつ勢力)のこと?↓


実験的に証明できるテクノロジー↓


技術的に可能である↓


こういうことが一般社会でも使えるようになれば、素晴らしい将来が待っている↓(のちにデビッドは「悪用もありうる」と言っている)


さて、MH370が蒸発する前に、オーブが機体により近く集まってきます。それがunification of fields を作るのだそうです。統一場理論 - Wikipedia

機体が消えた瞬間↓


動画でアシュトンさんは、このテクノロジーは optical phase conjugationと関係があると言っています。もう珍文漢文です。


時空間を突き抜けるといえば、アインシュタイン・ローゼン・ブリッジEinstein-Rosen bridgeというのがあります。遠く離れた銀河から短期間で飛んでくるUFOは、この原理を応用しているそうです。


ところで全く余談ですが、去年からMH370 テレポ説を主張しているアシュトンさんは、今まで散々ネットで荒らしや潰し、個人攻撃に遭ったそうです。今回自分が正しかったことが証明されたので、荒らしや天敵を罵倒していました。

気持ちはよくわかります。当方もこのブログ上ではないですが、攻撃に遭ったことがあります。


最近当方のPCに保存していたこういう名言を発掘しました。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を忘れないでおきたいと思います。

0件のコメント

Comments


bottom of page